屋根や外壁はリフォームを施して住宅の耐久性を高める

専門の知識が必要

エアコン

夏の季節になりクーラーを使用する家庭も多いでしょう。エアコンは使用する前にクリーニングを施す必要があります。エアコンの取付工事やクリーニングは、専門の業者に依頼すると良いでしょう。

もっと見る

トラブルを未然に防ぐ

キッチン

住宅で頻繁に使用する水回りの環境は、トラブルが起きやすい場所でもあります。トイレの排水つまりは、ラバーカップを使用することで自分で対処できます。しかし、つまりが頻発するようであれば、水道修理業者に点検をしてもらいましょう。

もっと見る

部分的なリフォーム

バスタブ

リフォームは住宅全体を一度に行なうと、多額の費用がかかってしまいます。そのため、段階的に行なうことが勧められます。三田市のリフォーム業者を利用して、理想的なリフォームプランを提案してもらいましょう。

もっと見る

劣化の症状

男性作業員

住宅は長く住み続けていると、様々な場所で劣化が進みます。特に外壁や屋根は雨風や紫外線にさらされるため、築10年を経過すると劣化が急激に進んでしまうのです。屋根や外壁部分は住宅を守る役割を担っているため、劣化の進行をそのままで放っておくと住宅の耐久性を損ねてしまいます。そのため、屋根や外壁部分は定期的にリフォームする必要があるのです。
リフォームを行なう時期は外壁の状態から判断することができます。塗料の劣化として分かりやすいのが、外壁塗装の変色です。変色は劣化症状の初期症状であり、住宅の美観性を著しく損ねてしまうので素人目で見ても分かるでしょう。その他の症状としては「チョーキング」が挙げられます。チョーキングは塗膜が劣化して粉化した状態を表します。手のひらで外壁に触れてみて、白い粉が付着していたらチョーキングの進行が確認できますので、リフォーム業者に点検依頼を出したほうが良いでしょう。
屋根や外壁のリフォームの際は、使用する塗料の種類によって費用や効果が異なります。住宅に長く住み続ける予定の方は、耐用年数が長い光触媒塗料やフッ素塗料の使用がおススメです。耐用年数が長いだけではなく、防汚性に優れた塗料は住宅の耐久性を高めることが可能になります。塗料の種類や特性を把握しておくことで、理想的なリフォームプランが見つかることでしょう。屋根や外壁のリフォームは住宅の維持のためにも大切な工事になるのです。